保全遺産2020

Webexでの参加および要旨集のダウンロードは、ログインをする必要があります。
プログラム番号
C-2-1-1
題名
原子炉容器用自動超音波探傷装置 A-UTマシンの開発の歴史
著者
○井原 亮一、武田 義勝、須田 洋介、板橋 佑真(三菱重工)
プログラム番号
C-2-1-2
題名
"日本保全学会の保全遺産 原子力発電所のピーニングによる
応力腐食割れ抑制技術"
著者
○今野 隆博(日立GE)、石橋 文彦(東芝ESS)、沖村 浩司(三菱重工)
プログラム番号
C-2-1-3
題名
保全遺産第3号 原子力設備の検査用水中遊泳ビークル
著者
○土橋 健太郎、石橋 文彦、上野 聡一(東芝ESS)、今野 隆博、永島 良昭(日立GE)